• トップ /
  • 葬儀という人生の中でのイベント
バックナンバー

葬儀の会社は案内を参考に

葬儀という人生の中でのイベント

形は変わっても大切な葬儀

人はこの世に生を受ければ必ず死という最期を迎えます。この時行われる葬儀はどんなものが良いか、自分がまだ元気だからこそ考える必要がでてきます。不慮の事故ということもあれば、突然の病も決して避けられません。自分の家族が老いていくのを見ていると葬儀を他人事だとは到底思えないでしょう。昔はお寺の檀家となって、お墓も一緒に子や孫へと受け継いできましたが、時代は変わりました。葬儀に関する会社の案内を見ていても随分と変わっています。お寺との付き合いがない方のための僧侶派遣というシステムもあります。信頼できる業者を探さなければなりませんが、葬儀日程が調整しやすいという魅力があります。事情があるためお金をかけられないという方には、シンプルなお葬式を扱う会社もあります。案内を見てみると低価格であっても遺族へ配慮があり良心的な会社もあります。少数で故人の親しかった方だけで行われる家族葬に力を入れている会社もあります。墓石の代わりに花や木を使った樹木葬という自然葬も注目を集めています。時代が変わっていくことで葬儀の形態も変わっていることに、驚く方も多いでしょう。会社の案内には、パンフレットやネットでのサイトでは口コミが載っています。人生を締めくくる時何を大事にしたのか、自分はどうしたいのか参考になります。

↑PAGE TOP