• トップ /
  • 葬儀の案内はメールでもOK?
バックナンバー

葬儀案内は柔軟な方法を

葬儀の案内はメールでもOK?

葬儀の案内はメールでも問題なし

葬儀をおこなう際には、親類や故人の友人・知人、関係先などへ、その旨案内を送る必要があります。家族や親族など、身近な人には通常、電話で訃報連絡をおこないますが、その他の出席者全員へ電話をするのはなかなか難しいものです。葬儀の準備や葬儀社とのやり取りなどで忙しいうえ、時間帯によっては不在の人も多い場合があるためです。電話連絡の他に、これまではハガキやFAXなどが案内の手段とされてきましたが、近年ではメールで案内を送ることが増えてきました。本来は電話連絡が望ましいとされていますが、迅速かつ正確に葬儀の場所や日時などを伝えることが大切なので、メールでの連絡にマナー上の問題はないといわれています。メールを送る際には、故人の氏名、亡くなった旨、通夜・葬儀の日時と場所、喪主の氏名と連絡先を明記し、簡潔にすることが大切です。また、メールを送って終わりではありませんので、きちんと返信の有無を確認し、早めに返答するようにしましょう。また、近隣の住人や自治会、町内会にも連絡をしておくべきですが、こちらはメールよりは電話や訪問のほうが連絡がつきやすいので、相手に合わせて柔軟に連絡の手段を考えることをおすすめします。

↑PAGE TOP