バックナンバー

葬儀案内看板の設置場所

葬儀案内看板の出し方

通夜、葬儀案内の効果的な出し方

人は誰でもいつかは他界するときを迎えますが、そのときに、家族や親族から友人知人に至るまで別れを告げるのがつやと告別式で、これらの儀式を総称して葬儀といったり、特に告別式を葬儀といったりします。葬儀は、長年地元に住んでいる場合など、地方都市では自宅や菩提寺で営むこともありますが、都市部では多くの会葬者を迎えられる専門の葬祭場を利用することが少なくありません。自宅や菩提寺なら会葬者が事前に場所を知っていることもありますが、葬祭場を利用する場合、会葬者にとっても初めての訪問になることを想定してご案内をする必要があります。自宅、菩提寺、葬祭場のいずれで営む場合でも、ご会葬の交通手段を考えてご案内や看板を出すと効果的です。最寄りの交通手段が鉄道の場合は、駅からの経路の途上で、曲がり角などの要所に看板を、路地が複数あって間違えやすい箇所にはご案内の人が立つようにすると安心です。マイカーやタクシーでのご会葬が多い立地では、道路から目につく場所に看板をたてるようにします。看板やご案内は、初めて訪問する人が多いことを前提にして進路上に設置するとともに、間違えやすい場所にはご案内のための人が立ち、喪服を着用するなど、改装に訪れたと思われる人が道を探していたら、お声をかけると有効です。

↑PAGE TOP