• トップ
バックナンバー

葬儀の有益情報

新着情報

葬儀の案内状のマナー

葬儀のご案内状の正しい書き方

葬儀のお知らせを伝えるために

葬儀を執り行う時のご案内状の書き方としては、近親者などに訃報があった場合、日時の詳細などお知らせする必要がございます。この時、ご案内状を作成して通知することになりますが、葬儀までに時間がある場合は通知状を郵送、時間がない場合はFAXで送付することがマナーとなってます。葬儀、法要などのご案内状を作成する際には、注意しなければならない点がいくつかございます。特に気をつけたいのは、文中で句読点を使用しないと言うことがマナーです。昔、毛筆で書いていた時の習慣が残っているという解釈があるため、筆書きの場合、間をあけることで文章を読み易くるために、句読点や読点は用いていなかったことから、正式なご挨拶状にはこれらを用いないことになってます。文章を途中で切るために表現するものでありますので。葬儀が滞りなく流れるようにという意味を込めて、途中で途切れることを思わせる句読点などは使用しないことがマナーとなってます。読みやすさのために添えられると、読み手に対して失礼であることからつけてはならないと言うことです。このように、ご案内状には、葬儀に対する想いや読み手に対する気持ちを込めて作成することが大切となります。

↑PAGE TOP